街プロミーティングを開きました(3/15)

街プロミーティングを開きました(3/15)

3月15日(金)パレットかわにしにて、平成31年最初のミーティングを開きました。昨年末の反省会での意見を振り返りながら、音灯りなどの今後の活動についての話題が弾みました。

9年目を迎える今年。ともに楽しむ仲間の輪を緩やかに広げたいことに変わりはありませんが、昨年の音灯り当日では、これを危惧するかのような飲食後のゴミの始末など、マナー違反が目立ちました。来場者も過去最高の人数となったことも起因はしますが。。。仮に、友達のおうちの庭で食事を楽しんだとしましょう。そこにゴミを黙って捨てて帰る友人はいないでしょう。トイレを汚して、黙って帰る友人はいないでしょう。そうです!キセラ川西せせらぎ公園に集う様々な主体は、そこで出逢う意味の大切さをつねに問いかけているのです。音灯りも同様です。よりひととひとの顔が見える活動をしていかなければ、本来伝えようとしたことが失われていく。身勝手に来街者を増やし、観光化だけを狙ったイベントではないことを思い出す必要がある。今一度、多くのひとに共感いただき、理解を得ようとしていた本質に迫るべき。そんな意見が飛び交いました。

今年も活動は続きますが、盛大で可憐なイベントにはいかないかもしれませんが、効率よくダウンサイジングを図り、周辺環境に配慮した取り組みを続けなければと想いはまとまりました。これからも街はカーニバルプロジェクトをよろしくお願いします。そして機会ありましたら、どなた様でも遊びに来てください。『パレットかわにし』や『藤ノ木さんかく広場』にいつも頼もしい仲間がいますから。

つながりカテゴリの最新記事